よくあるご質問  

1 どこの自治体が許可を取得しやすいですか?

A: 八王子市を除く東京都です。

  同意が要件でないからです。

  同意があると要件を満たさないと許可は、取得できません。

2 用途地域は何がいいですか?

A:工業専用地域、工業地域、準工業地域です。

  住居専用地域は厳しいです。

   工業専用区域は、同意が免除の県があります。

   

3 許可はどのくらいで出ますか?

東京都は、約1年前後です。

事前協議のある千葉県等は、1年半前後かかりました・


4.中間処理と何が違いますか?

A: 中間処理は性状を変えて処理できますが、積み替え保管は、できません。

5.市街化調整区域でも許可とれますか?

A:千葉県等は可能です。

 相模原市や八王子市は、用件が、厳しいです。

 神奈川県は、雨水排水の要件が厳しいので、要注意です。

6 保管場の要件は?

A:飛散、流出、地下浸透できない構造が必要。

 保管場の耐久力も必要です。

 保管上限は、平均搬出量の7倍です。

 八王子市は、屋根付き保管場の許可要件です。

7.事務管理棟は建築確認必要ですか?

A:原則必要です。

市街化調整区域は開発許可が伴うことがあります。

各自治体により要件が大分違います。

8 台貫や緑地帯は必要か?

A:相模原市は必要です。

ですが、任意な自治体が多い。

9.事前協議の問題点は?

 千葉県等は、一番の問題は、同意や環境保全協定です。

 次は、管理棟などの建築確認です。

 相模原市等は、管理棟の要件が厳しい。

 神奈川県は、調整区域の雨水を排水するには、貯水槽費用が問題になることが

 ありますので、事前調査が欠かせません。

10.市街化調整区域の問題点は?

A: ・事務管理棟の建築確認が容易ではない。

   雨水の排水が難しい場合があります。

   貯水槽の建設費が神奈川県は大分負担になります。

11  同意等が要件の県は、同意の最低要件はありますか?

A: あります。千葉県等は、施設境界から200m以内の住民の3分の2以上の環境保   全協定が許可要件です。 千葉県や茨城県は、工業専区域でも協定は必要です。 

⒓ 住居専用区域でも許可取れますか?

A:かなり難しい。管理棟の建築確認が難しい。

13 保管場に屋根がないとダメか?

自治体によりまちまちです。

八王子市は、屋根がないとダメです。

保管場は屋内の方が望ましい。

廃棄物に触れた雨水が地下水を汚染する恐れがあるからです。

14 工事検査のポイントは?

1 生活環境上支障はないか?

2 産業廃棄物の飛散・流失はないか?

3 周囲の囲いはあるか?

4 悪臭はしないか?

5 産業廃棄物積替え保管理施設の表示はあるか?

6 ねずみ、害虫等の発生はないか?

7 公共水域、地下水と遮断されているか?

千葉市の積替え保管場   

相模原市 (有)神野商店

千葉市の積替え保管場

墨田区の積替え保管場

あすなろ行政書士事務所/0120-783-164